正しい洗顔をする

髪を束ねる

石鹸で洗顔をする時には脱脂力の強い物は避けるのが基本です。にきびの原因の一つが皮脂ですが、皮脂は取り過ぎるのも良くないとされています。石鹸によってはかなり脱脂力が強く、根こそぎ皮脂を奪ってしまう恐れがあるのです。却ってにきびの状態を悪化させる事もありますので、石鹸選びからきちんと行った方が良いでしょう。十分に泡立てるのも上手なにきびケアの為のポイントです。にきびを刺激すると状態が悪化してしまう恐れがありますので、しっかりと石鹸を泡立て、そして泡だけで洗う感覚で洗顔をした方が良いとされています。手の平で擦るようなやり方ですと、摩擦によってにきびを刺激する事にもなりますので、摩擦防止の為にもふんわりとした泡を作る事が重要です。

石鹸の中には保湿効果を持ったものがあるようですが、肌の乾燥を予防できるとして人気があります。皮脂がにきびの大きな原因になりますので、皮脂をしっかりと取った方が良いように感じるものですが、しかし肌を乾燥させるのも良くないのです。肌を乾燥させてしまうと皮脂が取れ過ぎてしまいますが、皮脂が過剰に減少してしまうと肌の防御反応によって皮脂が余計に出るようになります。過剰な皮脂はにきびの原因になりますので、適度な潤いを残す為にも保湿作用は有効です。肌が乾燥すると刺激に弱くなるのも皮脂の取り過ぎがいけない理由と言えます。乾燥している状態はバリア機能が低下して刺激に弱くなっていますので、にきびの状態が悪化し易いのです。保湿効果のある石鹸なら乾燥予防ができ、肌に優しく使えると言えます。